メニュー開く

安全・環境への取り組み|飛越運送 株式会社

現代の運輸業に一番求められることは、安全への姿勢であると考えています。
ドライバー一人ひとりが主体的に業務に取り組める体制を整えることで
質の高い輸送を実現し、すべてのお客さまへ安心をお届けします。

安全への取り組み

運輸安全マネジメント

平成18年10月より、「運輸安全マネジメント」の導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行されました。
飛越運送株式会社では、「運輸安全マネジメント」について、以下の通り積極的かつ計画的に取り組んでおります。

飛越運送:運輸安全マネジメント

平成28年度 運輸安全マネジメント

一、 輸送の安全に関する基本方針

飛越運送株式会社は、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、法令の遵守はもとより、安全に関して継続的改善を行い、環境にも配慮した運転を行うことで無事故社会の実現に寄与し、無事故無違反、無災害に努め、誰からも信頼される物流企業を目指します。

二、 輸送の安全に関する目標

1) 前年車両事故発生件数に対し50%以上削減する。
2) 人身事故“0”を目指す。
3) 荷物事故“0”を目指す。
4) エコドライブを実践する。
5) 車輌の日常点検を確実に実施する。

三、 輸送の安全に関する計画

1) 運行速度管理の徹底

  • 一般道60㎞/h、高速道80㎞/hを厳守する。
  • 等速運転を実施し、事故防止を図る。
  • 日々チャート紙の管理、指導
  • ドライブレコーダーの導入促進(本年度は2台導入予定)

2) 安全教育実施計画

  • 2月、4月、7月、9月、10月、12月(6回実施予定)

3) 安全管理委員会

  • 1月、4月、7月、10月(4回実施予定)

四、 輸送の安全に関する教育と研修

1)
輸送の安全に関する目標を達成するため、乗務員の年齢、経験、能力に応じて、共用の教育・研修施設を活用し必要となる人材育成の為、教育研修を計画し着実に実施する。

2)
運行管理者、運転者への教育研修を計画し着実に実施する。運行管理者一般講習を受講する。乗務員向けに定期的に安全運転教育を実施する。

五、 目標の達成状況

1) 前年車両事故発生件数に対し50%以上削減に取り組んで参りましたが目標達成できませんでした。
2) 人身事故“0”を目標に取り組んで参りましたが目標達成できませんでした。
3) 荷物事故“0”を目標に取り組んで参りましたが目標達成できませんでした。

六、 重大事故に関する統計

平成27年度 総件数は0件でした。
※自動車事故報告規則第二条に規定する事故についての統計。

安全性優良事業所認定

越運送株式会社は「安全性優良事業所」として認定されました

利用者が、より安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である社団法人全日本トラック協会が、トラック運送事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
安全性優良事業所認定のシンボルマーク「Gマーク」は、「安全性に対する法令の遵守状況」「事故や違反の状況」「安全性に対する取組の積極性」の3項目を評価基準とする、安全性について高い評価を得たトラック運送事業者にのみ与えられる“安全・安心・信頼”の証です。

安全無事故事業所表彰

多年にわたり安全無事故でトラック運輸業界の社会的地位及び信用の向上に寄与した事業所として表彰されました。

飛越運送:安全性優良事業所認定

具体的な取り組み内容

外部講師講習会

安全に対する意識を養うため、年に2回外部から講師を招き講習会を行っています。また、交通安全運動にあわせた全体指導・個別指導も行っています。

飛越運送:外部講師講習会1

飛越運送:外部講師講習会2

飛越運送:外部講師講習会3

環境への取り組み

グリーン経営認証の取得

「グリーン経営認証」とは

グリーン経営認証は、「環境にやさしい取組みをしている運輸事業者」を認証する制度です。
国土交通省及び各事業団体の協力を得て交通エコロジー・モビリティ財団が推進しております。 グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査のうえ、認証・登録を行うもので、運送業界における環境負荷の低減を目指す為の制度です。
飛越運送株式会社でもこのグリーン経営認証に認証・登録しております。

登録内容

登録業種
トラック運送事業
登録番号
T160068
登録日
2009年4月30日
有効期限
2017年4月29日

飛越運送:「グリーン経営認証」とは

グリーン経営ニュース

リーダー研修会の講師として講演いたしました

平成25年11月15日、交通エコロジー・モビリティ財団主催のリーダー研修会の講師として 代表取締役社長古里博人が講演いたしました。

  • 「グリーン経営認定」で総合的・継続的な活動
  • 教育の充実で活動の浸透を図る

発表の内容は「グリーン経営ニュース 別冊」に掲載されています。

詳しくはこちら

飛越運送:グリーン経営ニュース 別冊